新年あけましておめでとうございます。

今年は酉年。闇夜にさす光に反応して”コケコッコー”と鳴く年になりました。そんな光をさしてくれる象徴としての水素ステーションが、さいたま市にあります。

低炭素社会のさきがけとなる水素の応用技術は今年発展するのではないでしょうか!

循環型社会の象徴である環境センターに低炭素の技術が導入されれば、人間が排出する人工的な炭素の低減に繋がっていきます。

天然ガス由来の水素でなく、廃棄物由来の水素が普及していく一助になれれば幸いです。