先日。千葉市美術館で開催されているドラッカーさんの山荘コレクションを拝観してきました。

「正気をとりもどすために日本画を見る」とはどういうことなのか、
まずは自分の直感を試してみようと、解説を気にせずとにかく見て回りました。

豊富なコレクションに圧倒され、絵の迫力に圧倒されっぱなしでした。
山水画の意味も知り、「見る人」の境地を垣間見ることができました。

翌日はショックで仕事が手につきませんでしたが、数日たち
「まだまだやらなければいけないことがたくさんあるぞ」と何か勇気がわいてきました。

ドラッカーを継承していくこと、ある意味与えられえた使命なのかもしれません。