東京都エネルギー環境計画書の公表

 令和2年2月12日東京都環境局より2019(令和元)年度東京都エネルギー環境計画書等の公表が行われました。
 都内に電気を供給する小売電気事業者がCO2排出係数の低減や再生可能エネルギーの導入を計画的に推進するためのものです。

 扱わせていただいているイーセルの電気は東京電力の管内のほかに中国電力管内も供給しているため、東京電力管内での取り組み状況を表現しづらいのですが、都内への電気供給の状況を把握することで、弊社が担当している東京電力管内の動向をイメージしていただけましたら幸いです。

 報告書記載の情報は2018年度の電気使用状況です。CO2の排出係数の目標値を0.500kg-CO2/kWhとしてましたが、実績は0.312kg-CO2/kWhとなりました。調整後排出係数に至っては0.299kg-CO2/kWhとなり、届出のあった255事業者のうち11番目に低い係数に抑えることができました。

出典:東京都環境局公式サイト 

各小売電気事業者の実績値一覧によると、再生可能エネルギーの利用量は70番目、未利用エネルギーの利用量は30番目となります。環境にやさしい電気の割合は41.48%。低い調整後排出係数の結果を受けて、お客様への周知活動を活発にしていけましたら幸いです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください