イーセルへのご契約をいただくお客様に向けて、弊社の取り組んでいることをご理解いただき、徐々にですがファンを増やしております。

産業廃棄物由来のプラスティックを燃料として発電し、イーセルを通じてお客様に一部電気を使っていただいてます。

そもそも、第1次安倍内閣の時代に施政方針演説で宣言された、環境立国日本。この「21世紀環境立国戦略」をシナリオに弊社は事業を展開しております。再び、安倍政権が問われる選挙になりますが、「21世紀環境立国戦略」を実現できる環境を整えていただきたいものです。

「21世紀環境立国戦略」の概略
○地球規模で環境問題が深刻化している状況に正面から対応し、その解決を図るため、低炭素社会、循環型社会、自然共生社会づくりの取組を統合的に進めていくことにより、持続可能な社会を目指します。
○「環境立国・日本」に向けた戦略的取組として、自然共生の智慧や伝統、環境・エネルギー技術、公害克服の経験といった我が国の強みを、環境から拓く経済成長・地域活性化の原動力とすることによって、持続可能な社会の「日本モデル」を構築し、アジア、そして世界の発展と繁栄に貢献するために発信します。
○このため、今後1、2年で重点的に着手すべき八つの戦略を提示しています。
戦略1
気候変動問題の克服に向けた国際的リーダーシップ
戦略2
生物多様性の保全による自然の恵みの享受と継承
戦略3
3Rを通じた持続可能な資源循環
戦略4
公害克服の経験と智慧を活かした国際協力
戦略5
環境・エネルギー技術を中核とした経済成長
戦略6
自然の恵みを活かした活力溢れる地域づくり
戦略7
環境を感じ、考え、行動する人づくり
戦略8
環境立国を支える仕組みづくり

平成19年6月1日 閣議決定 21世紀環境立国戦略

Managing in the Next Society